人柄写心家のTSUGUです。

 

マンツーマンPHOTOレッスンの生徒さんから
質問を受けました。

良い質問だなぁ、と感じたので
その人だけに答えるのではなく
あえてシェアをしようと思い更新しました。

そもそも 良い質問 と思ったのは
ぼくから見て上手くいっている人に質問をするとしたら
その人の習慣を聞くべきと思っているからです。

当たり前にやっていることがその人を作っている

だからこそその人にとって、日常的・常識的なことを聞きます。

で、今回の質問は

今、日々の生活の中で大切にしていることはなんですか?

ということでした。

以下が、人柄写心家TSUGUの答えです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

感じれる状態でいること。
敏感な状態でいること。

 

下品な言い方すると
いつでもイケる状態であること。
みたいな感じです。

 

理由

 

写真撮るうえでも
人と接する上でも微細の変化を
逃したくないからです。

 

全ての兆候は、小さなキッカケ から。
蝶のひとあおぎがハリケーンをいつか起こすのです。

 

だからその微細な変化を感じられる状態でいつもありたい。
関わる人が素敵な状態になるためのお手伝いがぼくの仕事です。

 

その人が行きたい方向へ、行けるように
センサーを張り巡らしながら毎日を過ごす。

 

だからこそ、感じられる状態でいれること。が大切。

 

じゃー何やっているのって 話

 

心を動かせる状態であること が感じれる状態

鈍感になっているってことは、鈍くなっている
だから機微を感じられない

 

ぼくの心が動かく時は、何かに感動している。

 

具体的な行動としては

 

漫画を読む
ファッション誌を読む
映画を見る
LIVEに行く
適度に身体を動かす
身体に疲れを溜めない
新しい人と出会う
自然とふれあう
エネルギーの循環を促す
一流のものに触れる
一流のものがなぜ一流になれたのか考える

 

たぶん、他にもまだまだあると思うけど
いま出たのはそんな感じ

後もう一つあるけど、それはお会いした時に
とてもとても大事なことだから

 

意識としては

 

エンターテイメントを五感を使って感じて
娯楽にしないで、次への創作意欲に変えていく。

今日あった出来事に対する、感情とかキモチを
言語化して、頭のなかをスッキリさせておく。

頭のなかに余裕を持たせる

遊び心を忘れてはいけないし
忘れてしまうような環境に自分を運ばないこと

 

やること

 

まず、1つめ

敏感 と 鈍感 を知ること。

自分がどうゆう状態になると鈍感になるのか、敏感になるのか

どうすると自分は敏感になっていくのか
他人はどうすると敏感になっていくのか

社会で鈍感になっているのは、どんな人なのか 検討を立てること

その上で 自分をどうありたいのか。どうあるべき状態にするのか考えることが大事

Howto論的に普遍的なものは、たぶんあるけど

人によって違うから自分で探すこと。

 

もちろん、一緒に探して欲しい場合は自分から投げかけること。

きちんと相手にオーダーすることで、適切な結果を得られるから。

 

2つ目 行動すること

 

自分の中に、どれをするかわからないんだったら
他人が言ってる敏感になれることを片っ端からやること

 

考えない。

 

リスト作って片っ端から試してみる。
わからないってことは、判断軸がないってこと。

だからこそやってみて、感じれるかどうかは
その時にわかるから。
やりましょ。

 

3つ目 検証して、精査すること

 

自分がどこにアンテナが立って、どうゆう風な状態であるのか
わかればすぐに対応できるから、自分を知って
傾向を割り出して、その都度すぐ動けるような状態を
今から作っていくことで、数カ月後、数年後の自分をよりクラスアップできる。

 

だからこそ、
一生いきる様に計画を立てて、
一ヶ月後しんでもいい様に今日を生きるんです。

 

それが出来るから、あなたがより あなたらしく生きられる

あなたが ありのまま で生きれるんです。

ありのまま 生きる って大変なんです。

 

簡単じゃないから

 

自分がどう生きたいのか、理想形がある。
その ありのまま に生きるなら今のままじゃダメ
そのままじゃダメ

 

こうしたい ああしたい から そのようにただ生きる

イチローはメジャーリーガーになる前提で小学校から生きてたはずです。

マイケル・ジョーダンもそう。

 

もっと身近な素敵なモデルさん、芸能人

わたし、何もしてません。っていう。

 

本当に何もしてないわけじゃないから。

 

もっかい言うよ

 

出来ている人たちは何もしてないわけじゃない。

 

自分から見て一流の人達 って

当たり前の基準が全然違う。

 

だから、努力を努力だなんて1ミリも思ってない

だから何もやってないっていうのよ。

 

当たり前にやってるから。

当たり前にやっていることだから、何もやってないっていうのよ。

 

だからなりたい自分があるなら、あこがれの人の習慣を自分の中に
正しく取り込むこと。

 

もちろん最初から、同じようになんか出来ないのはわかってる。

見よう見まねからでもいいから始めてみよう。

そしたら、1ミリ近づくから。

 

努力めんどいなら、やらなきゃいい

憧れは憧れのままにしたいなら、やらなきゃいい。

そうやっていろんな人と差がついていくだけだから。

 

イマを変えたいなら、イマ動こう。

そしたら、未来がちゃんと 動くから。

敏感でいること。