今年の8月から開催される、写心の学校第6期。
それがどんなものなのか、校長である人柄写真家TSUGUにインタビューしました。(全4回)

【vol.1 写心の学校は、カメラマン養成所ではない】
写真を通じて伝えたいことが伝わるようにするのが、写心の学校。

【vol.2  生きることも自己表現】

写心の学校は自己表現をみがく場所。
「なんか生きづらい」と感じる時の、自己表現のつまずき2パターン。
写心の学校で飛躍する人、しない人のちがいとは。

【vol.3 撮影される体験は…】

撮影されるっていうのは、憧れのアーティストが自分のためだけに歌ってくれるような体験。
撮影する人がふえて、アーティストが増えたら嬉しい。

【vol.4 あなたがもともと生きたかった生き方を、やろうよ。(最終回)】

あなたが感じたこと、伝えたいことを、カメラと仲間を通じて掘りおこす。
それが、あなたの「もともと生きたかった生き方」を呼び覚ます。
あなたが「もともと生きたかった生き方」に近づくときに、力となり支えとなる場所があればと、写心の学校をつくりました。

年に一回開校する、写心の学校。

今年は7月から募集開始、8月から開校します!

【写心の学校の日程】
8月14日(月)、9月3日(日)、9月21日(木)、10月21日(土)
11月15日(水)、12月3日(日)、12月23日(土)
10時〜16時(昼休憩挟む)
【補講】
9月4日(月)、10月1日(日)、12月10日(日)
課外授業やビジネスの補講

募集開始のご案内など、写心の学校の最新情報は

人柄写心家TSUGUのLINE@からお送りします。

ぜひご登録ください♪