デジタル一眼レフ超入門の本を発見

昨日本屋でカメラ買ってすぐの人にオススメ

カメラ始める時にまず、最初に買っておいたら良い1冊

ほんとに超入門。

12544174_1277805835568342_475282748_o

まず、先にお伝えしたいのが
一眼レフの本でわかりやすいって書いていて
わかりやすい本って20冊に1冊くらい

プロから見てみ難しいだろうなぁって本は結構ある。
難しいことを難しいまま書いてある本がほとんど。

そうゆうのばかりだから一眼レフ初めて辞めちゃう人とか
お家で埃かぶっていくか
インテリアになっていっちゃうんだよね。

ちょっとわからなくて、本当はやりたいんだよね。
って人が再起するにはちょうどいい1冊だし。
これから始める人にはピッタリの本だよ。

この本は難しいことを簡単に書いてあること。
それと取っ掛かりところから順番に書いてある所が良い。

カメラの本を探す時は自分にとってのわかりやすさ重視で探す

それにまずこれ読んでから他の本を読むと
他の本が分かるようになるのです。

後ろの方になっていくと小難しい事も少し書いてあるけど
最初から順をおってやっていけばドンドン操作できるようになる。

一眼レフって一番最初入り込む事が少しだけハードルがある。
そのハードルを低くしてくれるのがこの1冊。

これから一眼レフ始める人は、まず基礎からやっていきましょ。
ただ楽しくの人も基礎がしっかりあると
楽しく思い通りに写真撮れるようになりますから。

本はこちらから見れます